×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novela 【つばさ】エントリー作品−   

モドル | ススム | モクジ

  act.4 そして、彼女の事情 4-1  

 その場面を見てしまった優子は複雑だった。
 翼が誰と仲良くしていようと、自分には関係ない。ただ同じクラスで、隣の席だから、翼は自分に話しかけてくれていただけで、きっと彼は何とも思っていない。
 それはよく分かってるのに、何だか胸の奥が痛い。
 優しく由美に微笑みかける翼を見るのは、何故か辛い。
「優子」
 声をかけられ、優子は驚いた。顔を上げ、声の主を確認する。
「どうした?」
 目の前にいたのは、健太だった。優子は「何でもない」と首を振る。
「そう? 今帰り?」
 そう訊かれたので頷く。
「じゃあ久しぶりに一緒に帰るか」
 健太は相変わらず優しい。優子は頷くと、二人で歩き始めた。
「健太くん、鞄持とうか?」
 健太はまだギブスをしていて、松葉杖をついて歩いている。そう申し出ると、健太は笑った。
「大丈夫。そのためにリュックで来たんだから」
 確かに彼の背中にはしっかりとリュックが背負われている。
「でも……歩きにくいでしょ?」
 そう言うと、健太は少し考えてから、リュックをゆっくりと下ろして優子に渡した。
「じゃあ頼む」
 優子は渡されたリュックを背負い、自分の鞄を肩にかける。
 それを見てから、健太は松葉杖をついて歩き始めた。ゆっくりと歩き始めた健太の後ろを優子がゆっくりと追いかける。
「ノート、ありがとな」
 突然お礼を言われ、優子は驚いて顔を上げた。
「あのノートのおかげで、授業ついていけたよ」
 その言葉にホッと胸を撫で下ろす。お礼を言ってもらえて、素直に嬉しい。
「良かった。……あたしにはそれくらいしか……できないから」
 健太は何かを言おうとして、止めた。
「そうだ。入院中に借りてた本、返すから、俺んち来てくれる?」
「うん」
 健太の誘いに、優子は頷いた。


 一歩を踏み出せば、走り出すのは簡単だった。
『大丈夫。君ならできるよ』
 そう言った翼の言葉が蘇る。
 どうして翼がそこまで信じてくれるのか、まったく分からない。
 だけど、その言葉はまるで魔法のように心の中に沁み込んで来て、本当に『大丈夫』だと思わせてくれる。
 真由子は取り巻きの二人と落ち合い、校舎を出て行くところだった。
「真由子!」
 叫ぶと、真由子が振り返る。由美を見つけると、睨みつけてきた。しかし何だか泣きだしそうな顔をしていることに気づく。
 真由子は由美が近づいてくるのを見て、逃げるように走り始めた。
「待って!」
 そう叫んでも、真由子は止まってくれない。それどころか走って逃げてしまった。
 目の前に取り巻きの二人が立ち塞がる。セミロングの黒髪が木村みゆきで、ショートカットの少し茶色がかった髪が佐野京子だ。
「ちょっと、通して」
「ダメ。通さない」
 二人は頑として立ち塞がっている。その間に、真由子は校門を抜けて姿が見えなくなってしまった。
「何でっ!」
「真由ちゃんに何言ったの?」
 二人はそう訊いて睨んだ。
「何って……」
 言葉に詰まる。どう説明したらいいのかも分からない。
「真由ちゃん、由美に裏切られたって言ってたよ」
「え?」
 その言葉に由美は驚いた。
「真由ちゃんに何言ったのよ?!」
 みゆきがヒステリック気味に叫ぶと、京子が制す。
「もしかして木元さんが関係あるんじゃないの?」
 図星を指された由美は思わず目を見開いた。
「やっぱりね。で、由美はどうする気なの? 真由ちゃんと木元さん、どっちを取るの?」
 改めて聞かれ、由美は拳をギュッと握った。妙に緊張して、言葉がうまく出てこない。
「あたしは……」
 喉の奥で引っ掛かっている言葉をゆっくりと吐きだす。
「あたしは、どっちも取る」
 その答えに二人は怪訝な顔をした。
「何、言ってんの?」
「そんなこと、許されるとでも思ってるの?」
 詰め寄る二人に臆せず、由美は二人の目を見つめた。
「真由子はきっと分かってくれる。だから話がしたいの」
 そう言うと、二人はお互いに顔を見合わせた。
「だから通して。お願い」
 由美の真っ直ぐな視線に負けた二人は間を開けた。
「真由ちゃん泣かせたら、許さないからね」
「ありがとう」
 由美は二人の間を抜けて、校門を出た。その様子を二人が見つめて、呟く。
「これで良かったのかなぁ?」
「分かんないけど、良い方に転んでくれることを願うしかできないよ。……真由ちゃんは、あたしたちなんかより由美の方が大事みたいだし」
「京子……」
 二人は由美を見送ると、ゆっくりと歩き始めた。
モドル | ススム | モクジ
Copyright (c) 2008 kazuki All rights reserved.
 

-Powered by HTML DWARF-