×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novela 【つばさ】エントリー作品−   

モドル | ススム | モクジ

  act.3 彼女の事情 3-1  

 そして翌日。優子は暗い面持ちで恐る恐る教室に入った。
 だが、特に何かを言われるわけでもなく、優子の存在に気づいているクラスメートはいない。
 ホッと胸を撫で下ろしつつ、自分の席に向かう。その瞬間、中学時代の記憶が蘇った。
 暴力的な言葉を書き込まれた机と椅子。酷い時には廊下に放り出されていた。
 恐々と近づいてみるが、机と椅子は昨日と変わらずその位置にあって、暴力的な言葉も書き込まれていなかった。
 何もされていなくて安心するが、逆に怖い。何か別のことをされるのだろうか?
「おはよう」
 声をかけられ、優子は驚いた。顔を上げると、翼がいた。
「……お、おはよう」
「どうかした?」
「え?」
 そう訊かれ驚いて顔を上げる。
「顔、青いよ?」
 顔を覗きこまれ、驚いた優子は顔を背けた。
「大丈夫……」
「そう? だったらいいけど……」
 翼はそう言いつつも、気になるようだった。だが優子はそれに気づかないフリをして席に着く。

 中田真由子が優子を睨んでいる。
 翼はその事にいち早く気づいていた。まだ優子は気づいていないようだ。
 翼は優子たちの中学時代を思い出し、溜息を洩らした。
(人間ってどうしてこう執念深いんだろうなぁ……)
 真由子が優子を恨む理由はただ一つ。
 真由子の想い人、高村健太が優子に好意を持っているから。
 中学時代は嫉妬に狂った真由子が優子に怒りをぶつけていた。優子は恐らく自分が悪いからイジメられているんだと思っているが、実際は嫉妬だ。
 イジメをするような人間を健太が好きになるとは思えないが、真由子はそれに気づかない。
 高校に進学してからは、周りの環境の変化もあり、中学時代のような言葉の暴力というイジメをすることはなかったが、クラスの女子が優子に近づかないように手を回している。
 だから昨日、優子に近づいた由美を許せなかったのだろう。自分の言うことを聞かない人間が、気に入らないのだ。
(どうしたものか……)
 やはりこのまま見守るしかできないのだろうか? せっかく地上にまで降りてきたのに。
 自分が情けない。近くにいるのに、どうすることもできないなんて……。

「あーあ。スランプ入ったか?」
 翼となったヨクを見守っていたダンが溜息をついた。
「今は人間と同じ力しかないんだ。悩むのは当たり前だ」
 隣にいた同じく天使のレンがそう言い放つ。
「お前は相変わらず淡々と言うな」
 レンの冷たい言い方に、ダンは思わず苦笑した。
「私はずっとこうだ」
「あぁそうだな」
 淡々と言い返され、ダンはもう言い返す気力を無くした。
「だが、神が許されたんだ。ヨクならできると確信してのことだろう」
 レンの言葉に、ダンは頷いた。
「あぁ、そうだな」

 由美は迷っていた。優子に声をかけたい。だけど、真由子が自分の行動をじっと見張っていることにも気づいている。
 どうすればいいんだろう?
『今後一切、あいつと口利かないで。じゃなきゃ絶交だからね』
 昨日の真由子の声が蘇る。
 どうして真由子はあんなに怒ったのだろう? 何もあそこまでムキになる必要はないのに。
 真由子と優子の間に何かあったのだろうか? だとしても今それを知る術はない。真由子に聞いても教えてくれないだろう。
 肝心な時に勇気が出ない。結局、あの頃と同じだ……。

「真由ちゃん。由美、何であいつに構うんだろうね?」
 取り巻きの一人が訊ねた。
「知らないわよ。いいカッコでもしたいんじゃない?」
「そうなのかなぁ?」
 あっけらかんと返した真由子だったが、心の奥底では気に食わない。
 どうして、あんなヤツに構おうとする? どうしてあいつばっかり……。
 あんな根暗で、下ばっかり向いてるようなヤツなんて、相手にしなきゃいいのに。
 どうして由美は……。由美だけじゃない。健太だってそうだ。幼馴染だからって、あんなに気にかけなくたっていいじゃないか。どうしてあんなヤツを健太は好きなんだろう?
 どうして……自分じゃないんだろう?
「真由ちゃん?」
 自然と俯いた真由子に、取り巻きが覗き込む。
「どうかしたの?」
「何でもないわよ」
 真由子は顔を上げ、何でもないように装った。

 その日一日、事態は何も進展することはなかった。翼は思わず溜息をついた。
「上手くいかないなぁ」
 優子は話しかければちゃんと答えてくれる。笑顔を見せることはないものの、少しは心を開いてくれていると思う。
 だけどダメだ。自分と仲良くなったとしても、クラスの中で孤立しているのには変わりない。
 どうすれば皆と仲良くなることができるんだろう?
「やっぱ外見かなぁ……」
 あの暗い印象の外見をどうにかすれば、皆の見方も変わるだろうか?
「いや、その前に……」
 真由子との不和をどうにかすることが先決だ。
 さて。どう動くか。

 それから数日が経ち、健太は足にギブスは巻いているものの無事に退院した。
 健太が学校に来ると、クラスメートが心配そうに近寄る。もちろんそんな中に優子が入れる訳ない。
「あの子、誰?」
 翼に話しかけられ、優子は驚きつつも答えた。
「高村健太君。学級委員長。怪我で……入院してたの……」
「へぇー」
 自分のせいで、なんて言えるはずはない。優子はまた俯いた。

 翼は自分でも白々しいと思った。健太の事だってよく知っている。
 優子はクラスメートに囲まれた健太に近づこうとはしない。翼が健太を見ると、彼は優子を気にしているようだった。しかしクラスメートたちに囲まれていて、動けない。
 そこで翼は、優子に再び声をかけた。
「木元さんは行かないの?」
 あそこ、と群がっているクラスメートたちを指さす。
「あたしは……別に……」
 また俯く。この様子なら優子は見ていない。真由子が一番に健太に駆け寄ったことも、今も健太の隣で話していることも。
 だから気づくわけがない。真由子がどうして優子をよく思っていないのかを。

 結局、地上に来ても何も変わらない。これじゃ、天界で見てた時と何も変わらないじゃないか。
 でもここで諦めたりしたら、来た意味がない。それに、自分は天界に戻ることもできない。
 どうすればいい? どう動けばいい?
モドル | ススム | モクジ
Copyright (c) 2008 kazuki All rights reserved.
 

-Powered by HTML DWARF-