×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



          

font-size       
act.2 敵と味方
 ヨクは歩きながら、考え込んでいた。
(あれ・・・・・・絶対死のうとしてたよなぁ・・・・・・)
 一瞬目を疑ったが、確実に窓枠に足をかけていた。
 理由は、ヨクが一番知っている。
 でもどう助けになればいいのか、分からない。やはりコレばかりは本人の気持ちを変化させるしかない。
 自分に何ができる? どうすれば優子の心の闇を晴らすことができるんだろう?
 自問自答を繰り返しても、答えはそう簡単に出てこない。
 ポケットに手を突っ込むと、何かが指先に触れた。不思議に思いつつ取り出すと、それはダンに渡されたクレジットカードと現金だった。
『何かの役に立つだろうってミカエル様に頂いたものだ』
 そう言ってこれを手渡してきた。こんなもので何ができると言うのだろう?
「まずは・・・・・・優子の心を開くこと」
 決意するようにそう呟くと、ヨクは再び歩き始めた。

 翌日。やはり憂鬱な表情で優子が登校して来た。人間に成り済ましているヨクは、翼として優子に近づく。
「おっはよー」
 元気よく挨拶すると、優子は驚いた表情をした。
 しまった。明らかにテンションを間違えた。
「お、おはよう」
 俯きがちにだが、挨拶が返って来た。それだけで何だか嬉しい。
 しかしクラスメートはどうして優子に挨拶するんだろう? と言う不思議な表情で見ている。だけど翼はそんなことを気にせずに、優子に話しかけた。
「見て見て。俺、ケータイ新しく買ったんだ」
 翼はそう言って、新機種の携帯電話を見せた。
「・・・・・・そう」
 か細い返事が聞こえる。
「番号交換しよう?」
 そう言うと、優子は不思議そうに翼を見つめた。
「どうして?」
「友達になりたいから」
 翼の真っ直ぐな言葉に、優子は思わず顔を逸らす。
「ダメ?」
「・・・・・・あたしなんかと友達になっても、何の得にもならないよ?」
 その言葉を聞いて、翼は悲しくなった。
「友達は損得勘定で決めるんじゃないだろ」
 優子がハッとして顔を上げると、翼は悲しそうに微笑んだ。
「それとも木元さんは、俺なんかとは友達になりたくない?」
 そう訊かれ、優子は慌てて首を振った。
「そんなこと・・・・・・」
「じゃあ、友達になってくれる?」
 優子が頷くと、翼はこれ以上ないほど嬉しそうに笑った。
「ありがとう」

 携帯番号を交換し終わると同時にチャイムが鳴った。担任が入ってきてショートホームルームが始まる。
 優子は隣に座る翼を盗み見た。
 どうして彼は自分なんかと友達になりたいと言ったのだろう? 何故自分なんかに話しかけてくるんだろう?
 最初に挨拶したから? でも翼にはもう既にたくさんの友達ができているのに。
 だけど、正直嬉しかった。こんな自分と友達になってくれて。
『ありがとう』
 そう言って彼が笑ってくれたこと。
 お礼を言うのは、自分の方なのに、彼はそう言ってくれた。
 初めて自分の存在を認めてくれた気がして、そんな些細な言葉で胸の奥が暖かくなった。

 人間と言う生き物は、気に入らないことがあるとすぐに排他的になる。
「翼くん、どうして木元さんなんかとケー番交換したの?」
 休み時間、クラスの女子に囲まれ、そんなことを言われた。
「何で?」
「だって、木元さん暗いし、何考えてるか分かんないし、翼くんと釣り合わないじゃない」
 その発言に翼は呆れた。
「釣り合うか釣り合わないかで友達を選んでるわけじゃないよ」
 翼の言葉に女子たちは何も言い返せなくなった。
「君たちは木元さんの何を知ってるの?」
 そう訊いても、何も答えない。答えられるはずがない。翼はそれをよく知っている。
「知ろうともしない癖に、そんなこと言わないで欲しいな」

 副委員長の優子は先生に何かと用事を頼まれることが多い。副委員長だから仕方のないことだが、今は委員長である健太がいないため、その仕事量は二倍になる。
 今日も優子は、放課後も残って先生に頼まれたプリントをまとめていた。
「まだ・・・・・・帰らないの?」
 突然声がして、驚いて振り返ると、教室の入口に谷沢由美がいた。彼女はこのクラスの女子の中心グループの一人だ。まさか話しかけられるとは思っていなかったので、優子は驚いた。
「あ・・・・・・先生に・・・・・・頼まれたから・・・・・・」
 そう言うと、由美は近づいてきて、向かいの椅子を引き、優子の目の前に座った。その行動に驚いていると、由美が口を開く。
「手伝うよ」
「え・・・・・・でも・・・・・・」
「一人より二人のが早く終わるでしょ」
 思わぬ展開に、優子は驚いて声が出せなかった。だけど勇気を振り絞る。
「あ・・・・・・ありがとう」
 由美はプリントをまとめながら、話しかけてきた。
「木元さんって、どこの中学だったの?」
「・・・・・・北中」
 何とか声を絞り出す。
「そっかー。じゃあ委員長と一緒だ?」
 聞かれたので頷いた。話しかけてくれるのは嬉しいが、うまく話せない自分が歯痒い。
「委員長と仲良いみたいだけど、付き合ってるの?」
 思わぬことを聞かれ、優子は思わず顔を上げた。
「え? あ・・・・・・。え?」
 どう反応したらいいのか分からなくなるが、首を思いきり横に振った。
「そ、そんな、まさか・・・・・・」
「何だ。違うの?」
 今度は縦に首を振る。
「健太くんは・・・・・・幼馴染・・・・・・」
 消えるような声でそう言うと、何とか納得してくれた。
「あー、なるほどね。漫画なら恋愛に発展するパターン多いけど、現実はそうでもないよね」
 由美はケラケラと笑った。確かにそうだと、優子も頷く。
「あたしも幼馴染いるけど、恋愛対象として見たことないし」
「幼馴染?」
 思わず聞き返したことに自分でも驚いた。
「うん。隣のクラスの清水健介。って知らないか」
 そう言って由美はまた笑う。優子はその名前に聞き覚えがあった。
「・・・・・・知ってる。一年の時、同じクラスだった」
 そう言うと、由美は嬉しそうに笑った。そのキラキラとした笑顔が眩しくて、優子は視線を下に落とす。
「木元さ・・・・・・」
「由美」
 突然教室に声が響いた。入口に顔を向けると、そこにはこのクラスの中心人物である中田真由子とその取り巻きの女子二人が立っていた。
「何やってんの? 帰るよ」
 真由子は優子を一瞥すると、そう言い放った。
「あたし、これ手伝って帰るから。先に帰ってて」
 由美の言葉に真由子が不機嫌になったのが、優子にも分かった。
「そんなの木元さんに任せとけばいいじゃない」
「そうよ。木元さんの仕事でしょ」
 真由子の言葉に便乗するように取り巻きが口を開く。
「木元さんの仕事って……これ、あたしたちが使うプリントだよ?」
 由美は負けじと言い返すが、真由子の機嫌を損ねるだけだった。
「だけど由美は関係ないじゃない。木元さんだって一人の方が作業しやすいだろうし」
 それは暗に『お前一人でやれ』と言われていることと同じだ。
 胸の奥が痛い。蓋をしたはずの記憶が蘇ってくる。
 だけど、今はだめだ。優子はグッと拳を握った。
「・・・・・・いいよ」
「え?」
 か細い声に、由美は聞き返した。
「・・・・・・もう、あとこれだけだし・・・・・・一人で大丈夫」
「でも・・・・・・」
「ほら、本人もそう言ってるじゃん」
 真由子は優子の言葉にほくそ笑んだ。
 由美は優子を見やるが、下を俯いているだけで、視線を合わせようとしない。だけどグッと拳を握りしめているのは見えた。
「そう・・・・・・。じゃあ、あとよろしく」
 由美はそう言って立ち上がる。
「またね。木元さん」
 由美が去っていくのを、優子はまともに見られなかった。
(これでいい。これでいいんだ)
 自分に言い聞かせるようにそう心の中で繰り返す。
 自分はあの中には入れない。入っちゃいけない。だからこれでいいんだ。
 優子は握りしめた拳をゆっくりと離し、再びプリントをまとめ始めた。

「由美。あんた何考えてんの?」
 廊下を歩いていると、真由子が突然そう訊いてきた。
「何が?」
「何であんな奴の手伝いなんかしてたの?」
 真由子の言葉に呆れながらも、由美は口を開いた。
「委員長、入院してるから大変だと思って」
 そう言うと、真由子は小馬鹿にしたように笑った。
「あんた、何で高村が入院したか、知ってんの? あいつ庇って怪我したんだよ?」
 それは健太の見舞いに行ったと言うクラスメートの男子から聞いた話だ。
「あいつが入院すれば良かったのよ」
「真由子。それは言い過ぎだよ」
 あまりの言いように嗜めると、真由子は睨んできた。
「何それ? あんた何イイコぶってんのよ」
「イイコぶってなんかないよ」
 そう言い返すと、真由子はジッと由美を見つめた。
「分かった。あんた、翼くんに言われたから、あいつに近づいたんでしょ」
『知ろうともしない癖に、そんなこと言わないで欲しいな』
 翼の言葉が反芻する。確かにそれはキッカケにはなった。けど、本当は・・・・・・。
「それは、違う」
「何が違うのよ? だったら何で今まであいつと関わろうとしなかったのよ」
 そう言われ、言葉に詰まる。
「それは・・・・・・」
「ほら見なさい。やっぱり翼くんにいい顔しようとしたんでしょ」
「だからそれは・・・・・・」
 言い返そうとするが、真由子はそれを振り切った。
「今後一切、あいつと口利かないで。じゃなきゃ絶交だからね」
 真由子はそう言って睨むと、由美を置いて取り巻きの二人と帰って行った。

 その様子を翼は遠くから見ていた。
「難しいなぁ・・・・・・」
 思わず溜息が漏れる。由美が優子と居る場面を見て、少なからずホッとしていた。優子に友達ができるかもしれないと、淡い期待を抱いた。
 だけどそう簡単にはいかないようだ。
「俺が女に化けて転校してくりゃ良かったなぁ」
 入り方を間違えたようだ。女子と男子ではグループの成り立ちが違いすぎる。
 仮に女子になって来たとしても、それを天界で見てるであろうダンが大爆笑するのは目に見えてる。だから実はやらなくて正解かもしれない。
「それは今関係ないな」
 思わず自嘲し、教室に残る優子を廊下から盗み見る。今は平然とプリントをまとめているが、心なしか震えている。
 あの記憶を、思い出したんだろうか? 罵倒され、傷つき、打ちのめされたあの日々を。
 ずっと天界から見ていた。どれほど助けに行きたかったか・・・・・・。飛び出そうとする度にダンに止められた。
 そして今、目の前に彼女がいる。だけど、その傷を癒すことは到底できそうにない。
 だったら、やれることをやるしかない。
『言い忘れてたけど、お前の力は人間並みしかないからな』
 ふとダンの言葉を思い出した。
『へ? 何で?』
 思わぬことに聞き返すと、ダンは溜息と一緒に言葉を吐いた。
『いいか。お前は普通に考えたらここにはいたらいけない存在だ。お前が天使としての力を使えば悪魔に気づかれる。そうなれば、お前だけじゃなく、周りの人間にまで危害が及ぶだろ?』
 ダンの言うことはもっともだった。だから空も飛べなければ、ちょっとした魔法も使えない。
 自分にあるのは、今までの記憶と人間としての肉体。
 さて。それをどう使うか。


「優子? 何かあったのか?」
 健太の見舞いに行くと、唐突にそう訊かれた。
「何も・・・・・・ないよ」
「そうか? 何か顔色悪いぞ」
 健太に言われ、顔にまで出ていたのかと驚き、思わず頬に手をやった。
「・・・・・・ちょっと、寝不足なだけ」
「そう?」
 誤魔化したが、健太はまだ不審そうだ。それに気づき、話題を変える。
「・・・・・・怪我、どう?」
「あぁ。もうすぐ退院できるってさ」
「良かった・・・・・・」
 ホッと胸を撫で下ろす。
「ごめんね。・・・・・・あたしのせいで」
 その言葉に健太は溜息をついた。
「優子、いつも言ってるだろ。お前のせいじゃないって。避けきれなかった俺が悪いんだって」
「でも・・・・・・」
「もう退院できるんだし。気にすんなって」
 健太の言葉に頷くしかなかった。

 健太は優しいからああ言ってくれるけど、本来なら自分があのベッドに寝ていたはずだった。
 助けられた命が、価値がないように思える。
 どうしてこんな人間のために、犠牲になろうとする?
 まるで母親と同じだ。

 優子は家に帰ると、真っ直ぐに自分の部屋に入り、唯一飾ってある写真を取り上げた。古い写真の中に映る今は亡き母の姿。あの頃に戻りたいと願っても、それは叶わぬ夢。優しかった母。厳しい父から庇ってくれるのはいつも母だった。
 そんな母は、優子に突っ込んできた車から優子を助けるために自分が犠牲になった。余りにも唐突過ぎて、その時の記憶はあまりない。
 目の前には赤く染まった母の姿。運転手が慌てて飛び出してきて、救急車を呼んだが、病院で息を引き取った。
 どうしてこんなことになったんだろう?
 どうして自分じゃなくて母が死んだんだろう?
 どうして・・・・・・何故?
 その事ばかりが頭の中をぐるぐると駆け巡る。
 それから心を閉ざすようになった。元々父と折り合いが悪かったので、お互いに話す機会もないまま、五年の月日が流れた。
 それでもまだ胸の奥に残るシコリ。自分が動かなきゃ、周りだって動くはずはない。そんなことは分かってる。けれど、動く勇気すら持てないまま、優子は自分の殻に閉じこもるようになった。

 そのせいで中学時代に、楽しい思い出なんてない。元々地味で大人しく目立たなかったが、健太以外に話しかけてくれる友達なんていなかった。
 健太は女子に人気だったので、そのせいで言われもないイジメを受けた。
 無視から始まったそれは、いつしか言葉の暴力に代わり、元々上手く話せないでいた優子を更に押し潰した。
 もう何も話さない方がいい。大人しくしていれば、飽きて去っていくのだと悟り、そうやって自分を押し込めて中学時代を過ごした。

 高校で別れられると思っていたのに、誤算があった。図ったわけではないのに、健太と同じ高校になったのだ。健太と同じだけならまだよかった。その健太についてきた人物がいた。
 中田真由子。中学時代、優子をイジメていた中心人物。向こうもまさか優子がいると思っていなかったらしく、入学式で会った時はお互いに驚いた。
 一年の頃はクラスが別と言うこともあり、お互い関わることもなかったが、二年になり同じクラスになってしまった。
 お互い関わろうとしないようにしているが、それでも真由子は優子が気に入らないらしく、女子全員を味方につけて優子を無視している。今は中学時代に比べて、攻撃されない分まだマシな方だ。
 だが、今日の真由子の様子を考えると、明日からまた中学時代に逆戻りしそうな予感もする。
「ハァ・・・・・・」
 思わず溜息が漏れる。
 生きている価値なんてないのに、それを終わらせる勇気もない。
 どうして自分は生きているんだろう? 生かされているんだろう?
 優子はベッドに身を沈めた。ゆっくりと体が沈む。
 このまま沈んで、闇の中に堕ちて行けばいいのに・・・・・・。

 ふと静かな部屋にどこからかバイブレーションの音がした。鞄に突っ込んだままの携帯電話だと気づき、優子は身を起して、鞄から携帯電話を取り出す。
 ディスプレイを見ると、翼からのメールを受信したところだった。誰かからメールが来るなんて初めてだ。この携帯電話自体、親に持たされているだけで、あまり活用していない。
 早速メールを開いてみる。
『翼です。これから少しずつでも木元さんとお話できたらなぁって思ってるんだ。だからメールや電話、付き合ってやってください』
 話すよりも少し硬いメールに少しだけ口の端が緩む。
 スクロールすると、まだ少し文章が残っていた。
『追伸。俺はいつだって木元さんの味方だからね』
 その言葉が、胸の奥に赤い火を灯したようだった。
 彼は優子の事なんてほとんど知らないはずなのに、まるで知っているような口ぶりだ。
 彼は透視能力でもあるんだろうか? それとも、自分は分かりやすいのだろうか。
 恐らくは後者だろうが、それにしても不思議だ。最初に会った時から、不思議な人だと思っていたが、ますます良く分からない。
 だけど一つだけ言えること。
『彼は絶対攻撃してこない』
 絶対とも言える確信が、どこからか湧き上がる。根拠なんて何もないのに。自分でもよく分からないが、それだけは確信を持って言える。
 優子は早速メールに返信し始めた。


 昨日から持ち始めた携帯電話がシンプルな着信音を奏でた。
「来た来た」
 翼は携帯電話を開き、メールの受信ボックスを開く。
『早速メール、ありがとう。私は上手く話せないから、メールの方がいいな。私なんかと友達になってくれて、ありがとう』
 その言葉はきっと優子の本心だ。そう言ってくれて、素直に嬉しい。
『追伸。味方になってくれてありがとう』
 その言葉に、思わずニヤけてしまったのは言うまでもない。