×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novela 【つばさ】エントリー作品−   

モドル | ススム | モクジ

  act.1 舞い降りた天使 1-1  

 ついに我慢の限界に至ったヨクは思わず天界を飛び出した。
 天界を抜け出すということは重罪で、もう二度と天使職には就けない。
 それは十分に分かっていた。
 それでもヨクは自分の命よりも、彼女、優子が気になった。好きとか嫌いとか、そんな感情じゃない。ただ放っとけなかった。
 今までに生きた人間の中にも優子のような人間はたくさんいた。
 その度にダンに説得され、ヨクは諦めて、ただ天界で見守っていた。その度に胸が痛んだ。ただ見守ることしかできない自分に腹が立った。
 今は動く時じゃない。それは分かっている。神が動く時は誰一人としてその日と時刻を知らない。
 天界から追放された悪魔は地上で暴れ回っていた。多くの天使の仲間を惑わし、自分の仲間にした。
 元を正せば悪魔になった者もまた天使だったのだが、己の欲望をただ満たすために神に背いた。そして悪魔に惑わされた天使たちも、ただ己の欲望のためだけに地上に降りた。
 そしてその重罪を犯した多くの天使は、二度と天使職に戻ることはなく、悪魔の手下になってしまった。
 そんな仲間を今までたくさん見てきた。中には仲の良かった天使もいる。
 そしてその悪魔たちは神が行動を起こされるときに、全て滅ぼされる。
 地上に降りる重罪を犯せば、自分も神に背いたものとして滅ぼされることは目に見えている。

 それでも構わない。
 ヨクは地上に降り立った。もう二度とは引き返せない。

「ダン」
 呼び止められ、ダンが振り返るとそこには天使長のミカエルが立っていた。
「はい。何でしょうか?」
「ヨクが地上に降りましたね」
「え?」
 知らなかったダンは驚いた。思わず聞き返す。
「それは……本当ですか?」
「貴方は知らなかったのですね。たった今、ヨクが地上に降りました。貴方は地上に降りた理由を知っていますか?」
 そう訊かれ、ダンは数日前の事を思い出した。隠しても神の前では隠し通せないことは分かっているので、ダンは正直に話すことにした。
「心当たりは……あります」
 そしてダンは、ヨクが気にかけていた少女のことを話した。ずっとヨクが我慢していたことも、ダンが止めたことも。
「そうですか。やはりその少女のことを気にかけていたのですね。ヨクは自分が重罪を犯すと分かっていて、地上に降りたのですね?」
 確かめるように問われ、ダンは頷いた。
「ヨクは……少し熱血過ぎるところがあるようで、何度も注意はしたんですが……」
「分かりました」
「あのっ!」
 立ち去りかけたミカエルを呼び止めると、振り返ってくれた。
「ヨクは……罪に問われるんでしょうか……。やっぱり……」
「それはまだ分かりません。神にこの件をご報告します。貴方も来なさい。気になるんでしょう?」
「はい」
 ダンはミカエルについて、神がおられる部屋へ向かった。

「……ん……」
「健太くん!」
 健太が目を開けると優子が心配そうに覗き込んでいた。
「ゆ……こ?」
「良かった……」
 涙を堪えながら、優子は呟いた。
「あれ……俺……」
 ここはどこだろう? と天井を見つめる。記憶があやふやだ。
「倒れてきた木材の下敷きになったの……」
 優子が不思議そうにしている健太に説明すると、ようやく思い出した。
「あー、そっか。……優子、怪我ない?」
 健太の問いに優子は頷いた。
「良かった……」
 健太は無事だった優子を見て、優しく微笑んだ。

 怪我を負った健太は入院することになった。
 悪魔はそれを見て、舌打ちをした。殺そうとしたのに、生きているとはしぶとい。
「チッ。運がいい奴め」
「お前は運が悪かったみたいだな」
 ふと声がして、後ろを振り向くと、天使がいた。
「何だ? お前」
「お前を消滅させに来たんだよ。イタズラが過ぎたな」
 しかし悪魔は呆れて言い返した。こんなところに天使がいるわけないのだから。
「はぁ? 何言ってんだ、お前」
「バイバイ」
 ヨクはそう言うと言霊を発動させる。
「ぎゃぁぁぁああ」
 悪魔は奇声を上げながら、消滅した。

 ヨクは病室の窓を覗いた。健太と優子の無事な姿を見て、安心する。
「良かったな」
 ヨクは二人を見て、笑顔を浮かべた。

 翌日、優子はいつものように学校へ向かった。
 また今日も憂鬱な学校生活が始まる。
 優子は大嫌いな自分の顔を隠すかのように前髪を伸ばし、眼鏡をかけ、肩まで伸びた髪を伸ばしっぱなしにしていた。
 そして目立たぬように、ただじっと俯いている。目立つとイジメられる。目立たなくても「キモイ」とか「暗い」など悪口を言われるのだが、その方が幾らかマシだ。

 教室に行く前に職員室に寄った。恐らく健太の親が連絡しているとは思うが、担任に健太が入院している事情を説明するためだ。
 説明が終わり、職員室から出ようとした時、入れ違いで誰かが入ってきた。顔立ちのはっきりした綺麗な顔をした男の子だった。思わず見とれてしまう。
 目が合うと、彼はニコッと笑顔を向けた。突然の事でどう反応したらよいか分からない。
「おー。来たか」
 入ってきた彼に向かって、担任が声をかける。彼は担任に気づき、担任の元へと歩いて行った。
「俺が担任の林だ。よろしく」
「よろしくお願いします」
 彼は丁寧に頭を下げた。
「ちょうどよかった。木元」
「えっ、あ、はい」
 入り口で固まっている優子に気付いた担任が声をかける。
「転校生の空田翼くんだ」
 担任がそう紹介すると、翼は頭を下げた。つられて優子も軽く会釈する。
「彼女はうちの副委員長で、木元優子さんだ。木元、後で学校案内してあげてくれ」
「あ、はい」
 突然言われ驚いたが、とりあえず頷いた。
「よろしく」
 翼は人懐っこい笑顔で優子に近づいた。手を差し出されたので、優子も手を出し、握手をする。
「その前に転校生の紹介しないとな。教室行くぞー」
 担任に言われ、二人も教室へと向かった。
モドル | ススム | モクジ
Copyright (c) 2008 kazuki All rights reserved.
 

-Powered by HTML DWARF-