×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novela 【裏切り者】エントリー作品− 

NEXT | INDEX

  プロローグ  

 男が震えている。それに構うことなく、女は男に近寄った。
「何で君が……こんな……!」
 男は状況が飲み込めず、パニックになっている。しかし女は臆せずに口を開いた。
「貴方にさよならを言いにきたの」
 その言葉に、男の表情が歪んだ。
「何を、言ってる? そんなことが許されるとでも……」
 男は女を引き留めようと女の腕を掴むが、女はその手を振り払った。
「もう貴方は終わりよ」
 女は持っていた書類をぶちまける。その書類と女を交互に見つめながら、男は固まった。
「さよなら」
 そして女は男の前から立ち去った。



 江藤美奈子はこの上ない幸せを感じていた。大学生の頃から付き合っている彼から、とうとうプロポーズされたのだ。
 もちろん、返事は「イエス」。
 ささやかながらも、幸せになろうと誓った。

 両家への挨拶も無事に終わり、結婚式の準備も着々と進んだ。
 式は十月の半ばに行うことにした。その日取りをカレンダーに書き込む。
「楽しみだね」
 そう言うと、彼は幸せそうに笑顔で頷いた。

 彼、石川光俊は、将来有望の二十七歳。仕事が忙しいながらも、美奈子のために必ず時間を空けて二人の時間を取ってくれる。そんな優しい人。
 彼はお金持ちなわけでも、とびきりカッコイイと言う訳でもない。美奈子は彼の優しさや人柄に惹かれたのだ。
 二十五にして幸せを掴もうとする美奈子に、友達は「羨ましい」と言いつつも祝福してくれた。

 願っていたのは、平凡な幸せ。これから先、ずっと二人で生きていくことができれば、それだけで良かった。
 そう、それだけで良かったのに……。



 現実は何と残酷なのだろう。
NEXT | INDEX
Copyright (c) 2008 kazuki All rights reserved.
 
photo by

-Powered by HTML DWARF-