×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novela 【・・・・・・切なくて】【こなゆき】エントリー作品−

テキストverはこちら。



  

font-size       
 今年もまたやって来る。雪の降る白い季節。
 見上げると、白い雪の結晶が舞い降りてきた。


「積もったなぁー」
 美雪は白い雪に足跡を付けて歩いた。空はもう晴れ渡り、青い空が広がっている。
「ハー」
 息を吐くと、白く染まった。
 彼と出会って、三度目の冬。今年は一緒に過ごせるのかすら分からない。
 知ってる。彼の心がもう此処にはないって。だけど怖くて問いただせない。
 だってきっと戻らない。どこかで諦めがついてる。
「・・・・・・っ」
 自然と涙が溢れてくる。
 『ずっと一緒にいようね』って約束したのに。あの頃、あの人は優しくそう言ってくれたのに。
 変わってしまった彼の心。変われないのは自分だけ。
 次々にこみ上げてくる涙が堪えきれずに零れた。

 滲む視界に広がる雪道。かつて彼と二人で歩いた思い出の道。
 あの頃はこの道が永遠に続く二人の未来のように感じていた。
「・・・・・・・・・・・・っ」
 いつも一緒だったのに。傍にいるのが、彼の隣に居るのが当たり前だって思ってたのに。
 私の心はまだ此処にあるのに・・・・・・!

 ポトンと涙が雪に落ちた。雫は周りの雪を少しだけ溶かした。

 今も色褪せることなくある彼への想いは、白い雪のようにキラキラと輝き続けている。 今はその思いが自分を苦しませる。
 美雪はその場に崩れた。冷たい雪が、火照った体を冷やしてくれる。
 本当は、信じたい。彼が戻ってきてくれると。都合のいい女って思われてもいい。彼を愛しているから。いつかまた笑って彼の隣を歩きたい。

 俯いている美雪の目の前に雪の結晶が舞い降りた。
「馬鹿・・・・・・だよね」
 だってもう戻らないって知ってる。それでもまだ彼を愛してる。

 涙で滲む目で見た空は、あまりにも鮮やかな青で、白い雪とのコントラストが本当に綺麗だった。
「分かってるよ。分かってる」
 誰に言うでもなく呟く。

 舞い散る雪が奏でるのは、別れの序曲。

↑TOP




↑お気に召しましたら。

  
photo by