×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novela 【つばさ】エントリー作品−   

モドル | ススム | モクジ

  act.5 進行と逆行 5-4  

 不意に誰かに右手を掴まれ、引き寄せられる。
「捕まえた」
 頭上で声がした。抱きしめられ、身動きが取れない。
「どうして……」
 優子は小さく呟いた。
「え?」
「どうして……死なせてくれなかったの……」
 その声はあまりにも小さすぎて、か弱かった。だけど翼の耳には十分聞こえていた。
「どうして……」
 壊れたように呟く優子の頭を優しく撫でる。
「もう大丈夫だよ。大丈夫」
 その言葉にようやく優子の瞳から涙が溢れ出た。

 バタバタと足音が近づいて来ることに翼が気づく。追いかけてくるメンバーを見て、翼はようやく優子の言動の理由が分かった。
 恐らく彼女は、過去のことを思い出してしまったのだろう。
 ふと腕に重みがかかる。どうやら優子は精神的疲れから眠ってしまったようだ。
「優子!」
 一番に駆け寄ってきたのはやはり健太だった。心配そうに優子をのぞき込む健太に、翼が声をかける。
「大丈夫。気を失ってるみたいだ」
 そう言うと、ホッと安堵の溜息を漏らした。
「とりあえず彼女を保健室へ連れて行こう」
 翼はそう言うと、優子を抱き上げて保健室に向かう。それに付き添って健太も松葉杖をつきながら翼を追った。
「どうしたらいいの?」
 取り残された真由子は隣にいる由美に呟いた。
「あたしたちも行こう」
「でも……高村が……」
 真由子はそう言って、そこから動こうとしない。見かねた由美は真由子の手を取った。
「大丈夫だよ。翼くんがいるから、きっと何とかしてくれる。だから行こう」
 何でそんな言葉が出たのか由美自身もよく分からない。だけど、きっと翼なら上手く事を運んでくれる気がした。
「分かった……。行こう」
 真由子はようやく顔を上げ、保健室に向かった二人を追った。
 
 翼が優子を保健室へ連れてくると、気を失っている優子を見て、養護教諭は驚いた。しかし特に怪我もしていないのでホッとしてベッドを貸してくれた。
「高村、悪いけど彼女の傍に付いててやってくれる? 先生には『足が痛む』とか言ってさ」
 優子をベッドに寝かせた後、翼にそう耳打ちされ、健太は頷いた。
 案の定、教諭からは教室に戻るように言われたが、『足が痛いので休ませてください』と言うと、教諭は仕方なく休憩することを許してくれた。

 ベッドに横たわった優子は、静かな寝息を立てて眠っている。
 健太は思わず自分の拳を握った。
 もしかして自分は優子のことを何も知らないんじゃないのだろうか?
 知っているつもりだった。だけどきっと自分はほんの少ししか知らないのかもしれない。
 どうして優子が逃げ出して、しかも気を失ったのか、その心当たりさえ全く分からない。
 悔しいが、現時点では翼と変わらない。いや、もしかしたら翼に負けている。
 傍にいることしかできない。優子の心を開くこともできない。
 好きなだけじゃダメなんだと思い知らされる。
 正直、もうどうすればいいのか分からない。
 優子の中の闇は深くて、きっと自分なんかじゃ到底光を射すことすらできない。
「ハァ……」
 思わず溜息が漏れる。
 優子を見やると、穏やかな顔をして眠っていた。起きている時は、何かに怯えているような表情しかしない彼女が安らげるのは、夢の中だけなのかもしれない。
 そう思うと悔しくて堪らなくなる。どうして自分は何も出来ないのだろう? 自分には何も出来ないのだろうか?
 自然と涙が込み上げてくる。それに気づき、健太は制服の袖で涙を乱暴に拭った。
 こんな事で泣くなんて、男らしくない。
 きっと一番泣き出したいのは、優子だ。母親が亡くなった時でさえ、涙を流す姿を見ていない。どんな時も、何があっても、優子の涙を見たことがない。
 あの日、母親を亡くした日から一層固く心を閉ざしてしまった。そんな彼女をどうすれば明るく笑うようになんてできるのだろう?
 何をすればいいのか、全く分からない。
 それは途方もない事のような気がした。
モドル | ススム | モクジ
Copyright (c) 2008 kazuki All rights reserved.
 

-Powered by HTML DWARF-