×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

novela 【春の夕暮れ】エントリー作品−

テキストverはこちら。



  

font-size       
「奈々、帰るぞ」
「あ、待ってよ!」
 幼馴染の浩太と奈々はいつものように二人で帰って行った。
「あの二人、変わんないねえ」
「いくら幼馴染でも、もうちょっと進展あってもいいのにねぇ」
 クラスメートたちの噂なんて、二人には聞こえるはずもなかった。


 浩太と奈々は幼馴染。生まれたときから一緒だった二人は兄妹同然に育ってきた。
 夕暮れに染まる道を二人で歩く。
「部活、忙しいんじゃないの?」
 奈々はいつの間にか身長を抜かれた浩太に意地悪く言った。
「俺、レギュラー確定だもん」
 浩太はなぜかいつも持っているサッカーボールを操りながら答えた。彼はサッカー部でも有望な部員で、一年なのにレギュラーなのだ。
「今日は何作ったんだ?」
 少し前を歩いていた浩太が急に振り返った。
「・・・・・・やんないよ」
 意地悪くプイッと横を向く。
「えー。腹減ったー」
「あたしはあんたの召使じゃないっつーの!」
 そう強く言っても、そんな子犬のような目をされたら、あまり強く出られない。
「ハァ・・・・・・。しゃーなしだよ」
 奈々は溜息をつき、家庭科部で作ったカップケーキを一個渡した。
「サンキュっ!」
 浩太は本当に嬉しそうに受け取った。
(そんな顔するなんて、ズルイ)
 いつからだろう? 兄妹同然に育ったのに、彼を意識するようになったのは・・・・・・。
「うを! めちゃくちゃうめーじゃん!」
 浩太は相変わらずクルクル表情を変える。まるで子供みたいだ。
「もー。がっついて食べるのやめなさいよ。みっともない」
「だって。うまいんだもん」
 浩太がニカッと笑う。笑顔が夕日に染まり、何故だかドキッとする。彼の姿なんて、見慣れているはずなのに、ドキドキが止まらない。
「おだてたって、二個目はないから」
 厳しく言うと、浩太はショックを受けていた。
「ええ? もうないの?」
「しつこい」
 そう言うと、浩太はしょぼんとうなだれた。さっきまで景気良く蹴っていたボールを小さく蹴りながら背中を丸めて歩き始める。
(子供だ・・・・・・)
 夕日に向かって歩く彼の影が伸びる。奈々は彼が前を向いていることを確認して、影とこっそり手を繋いだ。
 妙に嬉しくなって、顔がニヤケる。
「あ、そうだ」
 急に浩太が振り返り、奈々は心臓が飛び出るほど驚いた。
「な、何?」
「今度の日曜、空けとけよ」
 彼の顔が逆光でよく見えない。
「何で?」
「練習試合があるんだよ」
「あたし、関係ないじゃん」
 つい言ってしまう。かわいくない言葉。
「俺の弁当作ってこい」
「何それ? 命令?」
 浩太の意図が全く読めない。
「そうだよ。命令だ」
「何で浩太に命令されなきゃいけないのよ」
「お前の作るメシじゃねーと力が出ねーんだよ」
 浩太はそう言うと、また前を向いて歩き始めた。
 その言葉が嬉しくて、ニヤけてしまったのは内緒にしておこう。

 雨の日も、うだるような暑さの日も、凍えるくらい寒い冬でも、登下校が苦ではなかったのは、隣に浩太がいてくれたからだ。
 浩太が好き。だけど、彼の気持ちが全く読めない。弁当を作れって言ったのだって、本当にただ弁当を食べたいだけなのかもしれないし・・・・・・。
「同じ気持ちだったらいいのに・・・・・・」
 溜息が漏れる。そんな虫のいい話、あるわけない。だから告白なんてできない。

 奈々は告白できない代わりに、日ごろのお礼を兼ねて特製の弁当を作った。
 浩太は目を輝かせて食べ、試合でも活躍した。

 だけど、その試合は負けてしまった。

 夕暮れの帰り道。浩太はやはり少し前を歩いた。
「悪かったな」
「え?」
 突然謝られ、奈々は驚いた。
「弁当まで作らせたのに、負けちまって」
「それは・・・・・・」
 浩太が悪いわけじゃないのに。うまく言葉が出てこない。
「カッコ悪いとこ、見られちゃったな」
 少し冷たい風が吹き抜けた。浩太の茶色に透ける髪が流れる。
「カッコ悪くなんか、なかったよ」
「え?」
 奈々の言葉に、浩太は振り返った。
「浩太は、一生懸命やってたじゃん。がんばってる人が、カッコ悪いわけないでしょ」
「奈々・・・・・・?」
 浩太は驚いているが、奈々は勢いが止められなかった。
「あたしは、そうやってがんばってる浩太が好き! 試合に勝ったとか、負けたとか、そんなの関係ない!」
 言い切った瞬間、自分が何を口走ったのかに気づいて顔が真っ赤になる。
「あ・・・・・・いや、あの・・・・・・」
 勢いだったとはいえ、告白してしまった。馬鹿だ。自分からこの関係を壊してしまうなんて。
「何でお前が先に言うかな」
 いつの間にか浩太は、奈々の目の前まで戻ってきていた。頭一つ分違う浩太を見上げる。
「俺だって、お前のこと好きだよ。ずっと前から」
 ぶっきらぼうに言った浩太は、逆光で良く見えなかったが、耳が赤いことに気づいた。
 それを見た瞬間、強張っていた顔が緩む。
「何だ。一緒だったんだね。あたしたち」
 奈々が笑うと、浩太も笑った。
「帰るぞ。奈々」
 そう言うと、浩太は右手を差し出してきた。
「うん」
 奈々は自分の左手を浩太の右手を絡ませた。

 夕暮れの帰り道。
 今度は手を繋いで一緒に帰ろう。

↑TOP




↑お気に召しましたら。

  
photo by