×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





  

font-size       
「受験が終わるまで、お互い会わないようにしよう?」
 突然彼女がそんなことを言った高校三年の冬。恋愛と勉学を両立できないと彼女は付け加えた。
「うん。分かった」
 突然のことに耕平はただそれだけしか言えなかった。引き止めても無駄だと思った。

 その後、電話やメールをしても、電話にも出ず、メールも返信してこなかった。
 体のいい振り方をされたのだろうか?
 そんなことを考えていても、仕方がない。耕平は全て受験が終わってから決着をつけようと思っていた。

 それから耕平は一人で勉学に励んだ。辛くなかった、とは正直言えない。彼女のことが忘れられず、勉強に支障をきたすことも多かった。
 だけどこれさえ終われば、きっとまた会えると信じ、耕平は死に物狂いでがんばった。

 合格発表当日。
 掲示板の前に立った耕平は、握り締めていた受験票を開いた。少し力が入りすぎてしわが寄っている受験票を、綺麗に引き伸ばす。
 一度深呼吸をし、掲示板に目を移した。
(あんなに勉強したんだから、絶対合格してるはず・・・・・・)
 自分の番号の近くを発見し、一度目をそらした。呼吸を整えてもう一度見る。
「あ・・・・・・った・・・・・・」
 何度か受験票の番号と掲示板の番号を見比べる。
「やったー!」
 掲示板の前で思わず万歳した。他の受験生も同様で、喜んでいる者もいれば、肩を落としている者もいる。
 でも無駄じゃなかった。今までがんばってきたことが報われたのだ。耕平は手放しで喜び、携帯電話で家と高校に連絡を入れた。
「合格おめでとう」
 そう言われ、夢じゃないんだと確信する。
 電話を切り、携帯画面を見ると、何故か彼女の顔が浮かんだ。
『春になったら、受験が終わったら会おうね』
 彼女とはそう約束した。
(そんな約束、きっと覚えてないだろうな・・・・・・)
 耕平は携帯電話をコートのポケットに突っ込んだ。

 肩の荷が下り、心なしか気持ちが軽い。彼女に・・・・・・会いたい。
 そう思ったときだった。目の前に人影が揺れる。
(まさか・・・・・・)
 耕平は目を見張った。現れたのは、彼女、美沙だった。
「み・・・・・・さ・・・・・・?」
 驚きながらそう問うと、美沙はにっこりと笑った。
「久しぶり。耕平くん」
 目の前に居るのに、何だか信じられない。
「え? 何で・・・・・・?」
「忘れたの? 『受験終わったら会おう』って言ったじゃん」
 美沙はそう言いながら、耕平に近づいた。
「でも・・・・・・お前・・・・・・俺のこと嫌いになったんじゃ・・・・・・」
「えー? 何それ?」
 耕平の言葉に美沙が苦笑する。
「嫌いになる訳、ないじゃん」
 美沙は優しくそう言った。
「でも・・・・・・電話も・・・・・・メールも・・・・・・」
 一切返ってこなかったのに。
「辛かったよ。我慢するの。でももし受験失敗して、また会えなくなったりした方が辛いじゃない?」
 美沙は耕平の手を取った。
「耕平くん、浮気しなかった」
 悪戯っぽく笑う彼女に、妙に安心する。
「す、するわけないだろ! ・・・・・・お前を・・・・・・美沙を忘れられないのに・・・・・・」
 つい本心が出てしまう。すると美沙は「ふふっ」と笑った。
「そういや、美沙は・・・・・・どうだったんだ?」
 一瞬きょとんとした美沙は、次の瞬間ニコッと笑った。
「もちろん合格」
 Vサインを作ってみせる。
「おお! やったな」
「耕平くんは?」
「俺も合格」
「わー。おめでとー」
 美沙は自分のことのように喜んでくれた。
「これでまた一緒に居られるね」
 美沙は優しく微笑んだ。愛しさが沸く。
 次の瞬間、耕平は目の前に居る美沙を抱きしめていた。温もりが伝わる。
「耕平くん?」
 美沙が驚いた声を出した。
「会いたかった。ずっと・・・・・・会いたかった」
 今まで押し殺していた想いを吐き出す。
「うん。あたしも会いたかった」
 美沙は耕平の腕の中で呟いた。

 もう二度と離れたくない。
 耕平は美沙を抱きしめてそう思った。それはきっと美沙も願っているはずだ。
 少しだけ早く訪れた春に、二人の心は温かくなった。

 −−春、爛漫。

↑TOP




↑お気に召しましたら。

  
photo by