×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





  

font-size       
 最初から分かってた。実るはずないって。

「守、入部届け出した?」
「もちろん」
 幼馴染の修治が確認すると、守は頷いた。修治はカッコよくて、スポーツ万能なのだが、なぜか守と同じ写真の趣味を持っている。修治はもっぱら風景だが、守は人物写真だった。
「楽しみだな」
「うん」
 守と修治は楽しみで仕方がなかった。高校に写真部があると知った時、彼らは絶対に入ろうと決めていたのだ。

 早速部室に顔を出すと、三人の先輩と同い年の女の子が居た。まず先輩たちがそれぞれ自己紹介をし、彼女の番になる。
「一年A組の石橋奈美です。よろしくお願いします」
 それはまさに一目惚れってヤツだった。

 同い年の三人はすぐに仲良くなった。
「へぇ。二人は幼馴染なんだ」
「うん。生まれた時から一緒」
「いいね。そういうの」
 奈美は楽しそうに笑った。彼女を知る度に惹かれていく自分に気づく。同時に奈美の気持ちにも。

「ねぇ、守くん。修治くんって好きな子いるのかな?」
 部室でたまたま二人になった時、唐突に奈美が聞いてきた。
「さぁ? どうだろ」
 動揺を隠しながら、そう答える。
「そういう話はしないの?」
「あんまりしないかな」
「そっかー。守くんはいないの? 好きな子とか」
 『君だよ』と言いたい気持ちを押し込め、「いないよ」と答える。
「そうなんだ。ねぇ、修治くんって中学時代とかどんなだったの?」
 すぐに話題が修治の方へ移り、守は何だか面白くなかった。
「奈美は、修治の事が好きなの?」
 つい口をついて出た言葉は、直球すぎた。慌てて繕おうとするが、遅かった。奈美は少し俯き、顔がみるみる赤くなっていくのが見えた。
(やっぱり・・・・・・)
 そう確信した瞬間、彼女が顔を上げた。
「修治くんには内緒だよ」

 何てことだ。知りたくなかった。
 でも分かってたことだった。修治はカッコいいし、人当たりもいい。地味な自分なんかより、ずっと素敵だと思う。

「お前さ、奈美の事、どう思う?」
 修治と一緒に帰っていると、不意にそう聞かれた。
「どうって?」
 ドギマギしながら聞くと、修治は少し照れくさそうな顔をした。
「俺、好きかも」
「マジで?」
 修治はコクンと頷いた。
「初めてなんだよな。同じ趣味で話が合う子って」
 なるほどなと守は思った。

 初めから分かってた。どう考えても不利だ。不利な状況が変わらないなら、今自分ができることは・・・・・・。

「え? モデル? あたしが?」
 奈美は驚いて聞き返した。守はカメラの手入れをしながら口を開く。
「うん。俺人物しか撮らないんだよね。是非協力して欲しいんだけど」
「え? でもあたし、モデルなんてやったことないし・・・・・・」
「相手役が修治でも?」
 そう聞くと、奈美は顔が赤くなった。
「守くんの意地悪」
 守は「ハハッ」と笑った。

 奈美と不意に二人きりになった時、話題に上るのはやはり修治だった。少し美化して伝える修治の姿。奈美はそれを聞く度、嬉しそうにしていた。
 どんな理由であれ、二人きりで居るのは嬉しい。だが彼女に意識されてないことが悲しくなってくる。
 こっちに振り向いて欲しい。もちろんそんなの無理に決まってる。

 撮影は校内で行った。テーマは学園内の恋人。しかし二人はどうしても照れが入ってしまうようだった。
「照れてちゃいい写真が撮れないだろう?」
 そう言っても、よくなるどころか余計に照れていた。
 何だかモヤモヤする。胸の奥が軋む。何だか分からないが、無性に腹が立ってきた。守の中で何かがプツンと音を立てた。
「奈美、ちょっといい?」
 守が呼ぶと、奈美は守の近くにやって来た。
「本当はずっと言わないでおこうって思ったんだけど」
 守はジッと奈美の目を見た。
「俺は・・・・・・奈美のことが好きだ」
 言った。言ってしまった。もう取り返しなんてつかない。綺麗なトライアングルを今ぶち壊したのだ。奈美は驚いているのか、言葉が出ないようだった。沈黙を破ったのは修治だった。
「ちょ・・・・・・お前、何言ってんだよ!」
 慌てた様子でこちらに向かってくる。
「何って本当のことだよ」
「お前、そんなこと一言も・・・・・・」
 修治は動揺していた。当たり前だ。本当の事なんて言える訳なかった。
 修治は何かを決心したように唇を噛んだ。そして奈美に向き直る。
「俺も、奈美の事が好きだ」
 ようやく告白した。驚いた奈美は、固まっている。
 そうして彼女が選んだのは・・・・・・。

「あーあ。降り出しちゃったか」
 とうとう降り始めた雨に修治が呟く。
「ここに一本の傘があります」
 唐突に守が傘を取り出し、二人に渡す。
「二人は俺の先を歩いて。俺は撮る」
 そう言うと納得した修治が傘を広げ、奈美を招き入れる。それでも寄り添わない二人。 何だか憎らしい。本当の恋人になったのに、と守は溜息をついた。
 レンズ越しに見える二人の照れた嬉しそうな笑顔。シャッタースピードはゆっくり。
(これくらいの反抗はいいよな)
 守はこっそり奈美の隣からピントを外した。


inspired:シャッタースピード/シド (ALBUM【play】収録。) 

↑TOP


↑よかったらポチッとお願いしますv

  
photo by