×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





  

font-size       
 今年もやって来るサクラ色の季節。

 去年までは大切な彼と一緒に歩いてた、川沿いの桜並木道。今は一人きりで歩いてる。
 いつからすれ違い始めたのだろう? ずっと二人で生きてゆこうと決めていたのに。

 彼とは大学の同級生で、一緒に居てとても安心できる存在だった。
 社会人になってからは、お互いの仕事が忙しくなり、会う時間もどんどん少なくなった。それでも、離れていても、大丈夫だと思ってた。
 だけど時経つうちに、心が離れていくのが分かった。どうしようもできなかった。ただ、自分の幼さに愕然とした。

 こうして目を閉じると、思い出すあの頃の思い出。あの日もこんな風に桜が舞っていて、一面がサクラ色に染まっていた。浮かぶのは、彼の優しい笑顔。
 離れて気づいたのは、自分の幼さと愚かさだった。
 彼に頼りすぎていた。もっと自分でできることも何かあったはずなのに。
 彼と別れてから、ただひたすら夢に向かってがんばろうと心に決めた。だってもう支えてくれる人はいないんだから。
 どれだけ厳しいことを言われても、辛くて苦しくてどうしようもなくなっても、ただ這い上がって戦い続けた。
 苦しくなると、あの頃の自分を思い出す。今はあの頃よりも成長できているんだろうか? どうすれば成長できるだろうか? そればかり考えてる。
 幼かったあの頃の自分を支えてくれたのは、いつも彼だった。今頃になって彼の優しさが身に染みる。

 顔を上げると、風が吹き抜けた。その瞬間、サァーっと花びらが舞った。
 あの頃と同じ、サクラ色の景色。
「忘れないよ。ずっと・・・・・・ずっと・・・・・・」
 あの頃の彼との思い出も、幼すぎた自分も、あの日のことを、ずっと忘れない。

 サクラ色に染められた舗道に一歩踏み出した。


inspired:サクラ色/ アンジェラ・アキ

↑TOP


↑よかったらポチッとお願いしますv

  
photo by

banner by