×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





  

font-size       
 星降る夜は、君と二人であの丘に登ろう。


「今日はとびきり星がよく見えるんだ」
 彼はそう言って、まるで子供のようにはしゃぎながら、丘を駆け上がった。あたしも一緒になって駆け上がる。
 星が好きなあたしたちは、よく二人で星を見る。
 今日も二人で丘に登り、一番高い場所で二人並んで仰向けに寝転がった。
 目の前には満天の星空が所狭しと広がっている。ゆっくりと流れる時間。ふと彼の横顔を見ると、楽しそうに目を輝かせていた。そんな彼を見てるだけで、すごく幸せに感じる。
 何億光年も先から旅をしてきた星の光が瞬く度、自分がどれだけ小さくて、自分がどれだけ幸せかを再確認する。
「あ、流れ星」
 彼が右手の人差し指でさした方向に、キラリと星が流れた。それを合図に数個が流れた。
(ずっと一緒にいられますように)
 あたしはそう願わずにはいられなかった。それはあたしのワガママかもしれないけど、あたしの一番の幸せはこうして彼と一緒にいることなんだ。

 本当に今日は星がよく見える。手を伸ばせば届くような距離にある錯覚を覚えた。思わず手を伸ばす。だけど、届くはずなんてない。
 ふと隣を見ると、彼も同じことをしてた。彼もあたしが同じことをしていることに気づいて、二人で笑った。
「届くわけ、ないよな」
「そうだよね」
 似た者同士とはよく言ったものだ。
 届かない(モノ)よりも、ただ君がいてくれたらいい。
 なーんて。恥ずかしくて言えないけどね。

「あのさ」
 不意に彼が口を開く。
「ん?」
 彼は星を見上げたままだ。
「愛してるよ」
「・・・・・・え?」
 突然の彼の言動に、戸惑う。
「な、何? 急に。いつもは恥ずかしがって言わないくせに」
 そう言うと、少しふてくされたように彼が言い訳をした。
「言いたくなったんだよ」
「変なの」
 突然彼がガバッと起き上がった。
「どしたの?」
「本当は、ずっと前から言おうと思ってたことがあるんだ」
「え?」
 彼の真剣な声に、あたしも起き上がる。彼はどこからか、小さな箱を取り出した。
「あのさ、俺とずっと一緒にいて欲しい」
 彼はそう言いながら、その小さな箱をあたしに渡した。
「それって・・・・・・」
「嫌か?」
「嫌なワケないじゃん」
 そう答えると、彼は嬉しそうに少し笑った。
「あたしなんかでいいの?」
「お前だからいいんだよ」
 彼の答えが、この上なく嬉しい。

 星降る夜。月に照らされキスをする。
 君がいつもよりカッコよく見えたのは、月明かりと星のせい?
 なんて言ったら、君はきっとふてくされるよね。

 I want to be in your side forever.

 あたしの願いはただ一つ。

 ずっと、ずっと一緒にいられますように。

↑TOP




↑お気に召しましたら。

  
banner by

photo by