×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





  

font-size       
 秀明はいつものように交差点に立った。相変わらずの人の多さだ。それが妙に秀明の心を落ち着かせた。
 いつもここで待ち合わせた彼女は、もう来ない。それくらい分かってる。
 だけどどこか期待をしているのか、気がつくとここに立っている。
「来るわけ・・・・・・ないか・・・・・・」
 小さく呟く声が自分の胸に響いた。

 いつからすれ違っていたんだろう? 何を怖がっていたんだろう?
 もう思い出すことすらできない。
 ただ一つ言えること。
 どんな時でも、彼女、由香里がいてくれたこそ今の自分があるということだけ。
 由香里に貰ってばかりだった。自分は何をしてあげられたんだろう?
『秀明の、笑った顔が好きよ』
 挫けそうになった時、由香里は必ずそう言った。それだけで少し心が軽くなった。由香里が居なければ、この夢だって諦めていたかもしれない。

 この交差点で秀明は由香里に出会った。
 忘れもしない。秀明はミュージシャンを目指し、ギターを片手にここで路上ライブをしていた。
 由香里は初めての客だった。拙い歌をずっと聴いてくれた。そして声をかけてくれた。
『あたし、貴方の歌好きです。だからがんばってくださいね』
 そう言ってもらえた時、どんなに嬉しかったろう。
 由香里の言葉があったからこそ、どんなに辛くて挫けそうでもがんばることができたのだ。 
 少しずつ縮まっていく距離。客が増えても、彼女は必ず聴きに来てくれた。最後まで聴いてくれた。それが秀明にとって、一番の支えになっていた。

 ライブが終わってからいろんな話をした。自分のこと、今日の出来事、趣味など。時にはシリアスな話もしたが、それでも確実に二人で笑いあった日の方が多かった。

 秀明は夢を追いかけた。
 一番の理解者だったはずの由香里は、いつしか安定を求めた。
 薄々は感じていた。だけど、秀明には夢を諦めることができなかった。
 何度も挫折しかけたときに、支えてくれたのは由香里だった。だからこそ諦めたくなかった。
 彼女のために夢を捨てることもできたかもしれない。だけど、それで本当にお互い後悔しないかというと、そうでもなかった。
 もし夢を諦めたなら、由香里は自分のせいだと思ってしまうだろう。
 秀明は苦渋の選択を迫られた。そして選んだのは・・・・・・。
「ごめん・・・・・・由香里・・・・・・」
 人ごみの中、秀明は呟いた。涙がこみ上げる。
『秀明の、笑った顔が好きよ』
 不意に由香里の声が聞こえる。顔を上げても、居るはずないのに探してしまう。
 街にはこんなにも人が溢れているのに。一番会いたい由香里の姿はどこにもなかった。

 明日、ここを旅立つ。由香里と過ごした時間はこれからもずっと忘れないだろう。
言わなきゃ。あの言葉を。
 秀明はいつもライブをしている位置に立ち、真っ直ぐに前を見据えた。傾きかけた太陽が街をオレンジ色に染め上げた。
 深呼吸して、口を開く。
「さよなら」
 小さく漏れた声は、雑踏にかき消された。
 秀明はギターを持ち直すと、一歩を踏み出し、人ごみに紛れた。


inspired:hello,good-bye/SOPHIA (ALBUM【EVERBLUE】収録)

↑TOP


↑よかったらポチッとお願いしますv

  
photo by