×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





  

font-size       
 確かに愛し合ってた。少なくとも玲子はそう思ってた。
 彼のためなら何でもした。総てを捧げても構わなかった。愛していたから。どんなことがあっても、ずっと傍にいると誓った。
 それなのに・・・・・・。

 玲子はいつの間にか彼が住んでいた街の駅に来ていた。彼にはもう会えないと分かっているのに。
 もう生きてる意味なんてない。だって、幸せな時はもう戻ってこない。
 玲子は少し膨らんだお腹に触れた。ここには新しい命が宿っている。
 嬉しいはずの命なのに、涙が溢れてきた。必死で堪える。行き交う人は誰もこちらを見ようとはしない。
 一筋涙が頬を伝った。

 彼、圭一は二十二歳の大学生で、玲子の五歳も年上だった。友達伝えに知り合い、恋に落ちるまで時間はかからなかった。
 圭一はすごく優しくて、とても大切にしてくれた。彼の腕の中にいることが何よりも幸せで、それ以外何もいらなかった。

 ある日、彼の子を身ごもったことを知った玲子は、驚きと嬉しさが込み上げてきた。圭一との愛の結晶をとても喜んだ。
 気づけば、あの時から圭一は避けるようになっていたのかもしれない。

「圭ちゃん。あたし、子供できたみたい」
「え?」
 彼の驚き入った顔を今でも覚えてる。
「驚いた?」
「あ、ああ」
 玲子の嬉しそうな声に、圭一は頷くしかしなかった。
「圭ちゃん。嬉しいね」
 そう言った玲子の言葉に、圭一は曖昧に笑った。

 両親に報告した時、父は激高した。娘はまだ十七歳なのだ。それでも玲子が何とか父を説得し、結婚の承諾をもらった。
 それなのに・・・・・・。

 ある日、突然彼は居なくなってしまった。
 彼の部屋へご飯を作りに行った時に見つけたメモ。「ごめん」とだけ書かれている。玲子はそのメモを握り締め、外へ飛び出した。
 圭一の背中がかすかに見えた。追いかけようとしたが、力が入らない。
「圭ちゃん! 待って!! やだっ! 行かないで!!」
 玲子は必死に叫んだが、圭一に聞こえるはずもなかった。
「やだよ・・・・・・。圭ちゃん」
 玲子はその場に座り込み、泣きじゃくった。

 母親が様子を見に来た頃にはどうにか落ち着いたが、あまりに突然の別れと裏切りにショックを隠せなかった。
「玲子。大丈夫?」
 母親が優しく声をかけても、玲子は虚ろな目でただ彼の名を呟いていた。


 彼が去った後も、玲子のお腹は順調に膨らんでいった。予定では春頃生まれるそうだ。
(あたしなんかが母親でいいのかなぁ・・・・・・)
 きっと辛い思いばかりさせてしまう。それじゃあこの子がかわいそうだ。
 彼にとっては幸せじゃなかったんだろうか? あの愛し合った日々は嘘だったの? こんなにも嬉しいはずの新しい命は、あの人にとっては迷惑だったの?
 答えが出るはずもない疑問が頭の中を駆け巡る。
 言葉を交わさずに逃げた彼の残像が今でも浮かんでくる。人ごみの中、思わず彼を探してしまう自分がいる。
(こんなんじゃ、ダメなのにね)
 本当は分かってる。彼はもう二度と戻ってこないと。
(電車に轢かれると、傷みも感じないで死ねるのかな・・・・・・)
 思わずそんなことを考えてしまう。
 それを制すかのように、お腹の中で命が動いた。
「ごめんね。もう変なこと考えないから」
 お腹にいる我が子に誓う。
「元気に生まれてきてね」
 まだ見ぬ我が子にそう言うと、玲子は実家へ戻る電車に乗り込んだ。


inspired:十七歳/ガゼット

↑TOP


↑よかったらポチッとお願いしますv

  
photo by